水素点滴の様々な効果

強力なのに副作用がない?ビタミンCの効能

美しくなるための水素点滴

ビタミンCって聞いたことがあると思います。

レモンなどの食品に多く入っている栄養成分で、健康と美容に良いと言うイメージを持つ人は
少なくないのではないでしょうか。

その効果研究は医療業界でも進められていて、がん治療にも有効なことが解明されました。

2005年にアメリカ国立衛生研究所所属の科学者が衝撃的発表をして世間を良い意味で騒がせ、
がんに苦しむ人に希望を与えてくれました。

ビタミンそれは、高濃度ビタミンC点滴ががん細胞に対してだけ毒性として働くと言う発表です。

ビタミンCは自分が酸化されることで抗酸化作用を発揮します。
その際に大量の過酸化水素を発生させて、がん細胞だけを殺して行く効果があると言う発表です。

この治療方法の特徴として、副作用がありません。
他の抗がん剤と言えば髪の毛が抜ける・吐き気が止まらなくなるなどの副作用が考えられますが、
それの問題がなく、生活の質を落とすことなく治療することができます。

副作用がなく安全性が高いので、例えば手術後の再発予防や新たな補助療法として選択することも可能です。

現在では、複数の世界的権威がある研究機関で、研究が進められています。
この治療方法の始まりは古く、2つのノーベル賞を受賞したライナス・ポーリング博士が開発しました。

当時の発表は、がん患者にビタミンCを投与すると延命効果があると言う内容でした。

しかし、メイヨークリニックのガン研究者が、その発表を否定したので、効果の有効性について
確からしいと言える程のものにはなりませんでした。

研究

しかし、2人の研究者の結果が異なったのは実験方法が全く異なったことが原因です。

ライナス・ポーリング博士は、点滴とサプリメントを利用していましたが、メイヨークリニックの研究者は
サプリメントしか利用していませんでした。

ビタミンCを、点滴を利用してがん患者に直接血管から体内に入れることにより、血液中のビタミンC濃度は
サプリメントの場合と比べて数十倍に高めることができます。

ビタミンC治療は、ビタミンCの濃度が大切です。
濃度が高ければ高いほどがんをやっつけてくれます。

こうして、長い期間がん治療研究者の関心から離れていた、ビタミンC療法はがん治療において再注目されています。